本文へスキップ

『生徒の気持ち』 をじっくりと考えて 『生徒の輝かしい未来』 を創造します

TEL. 03-6276-2306

〒164-0013 東京都中野区弥生町2-20-11
メゾンラメール1階

算数の中に、「中学数学や高校数学に必要な考え方」が登場してきます。例えば図形の問題(長さ・面積・体積・角度)などは、小学算数で学ぶことはとても重要なことばかりです。この分野に対しては、私は口が裂けても生徒たちに「簡単だ」なんて言えません。なぜなら、「図形をじっくりと観察して、思考する能力」が求められるからです。この能力を育成するためには、図形を描いたり作図したり図形を組み立てたりしながら、徐々にトレーニングを積んでいく必要があります。そうすることでだんだんと“算数脳”が形成されていくのです。



トップページに戻る


【Step.1】 “算数”は、“数学”の土台・根拠になる「重要な科目」

 私は、これまで多くの保護者さまと面談をしてきました。
その中で、保護者さまから挙がった質問で一番多かった質問が、

 「算数は “簡単なはず” なのに、うちの子はどうしても出来るようにはならないんです。
  どうしてですか? やる気がないのでしょうか?」

 という質問でした。

 さらに、そのように質問をされる保護者さまは、
 「 “算数” は簡単で、中学校から始まる “数学” から、だんだんと難しくなる。そして
  “高校数学” は難し過ぎる科目」 と思われているかたが多かったです。

 お気持ちはものすごくよく分かります。たしかに、これまで “算数” “数学” をすでに学んでこられたかたから見ると、“算数” はとても簡単に思えることでしょう。しかし一方で、人生で初めて “何かを学ぶ” ということは、どんなことでも最初は慣れるまでに苦労をするものです。当然、算数も例外ではありません。ですので、保護者さまには是非、これから初めて何かを学んでいく子どもに対しては、温かい目で見守っていただきたいのです。

 それともうひとつ、これはきっと驚かれることかもしれませんが、実は “算数” の中に、「中学数学や高校数学に必要な考え方」 がすでに登場してきます。基本的な計算(四則計算)は言うまでもありませんが、例えば図形の問題(長さ・面積・体積・角度)などは、小学算数で学ぶことはとても重要なことばかりです。この分野に対しては、私は口が裂けても生徒たちに 「簡単だ」 なんて言えません。なぜなら、「図形をじっくりと観察して、思考する能力」 が求められるからです。この能力を育成するためには、図形を描いたり作図したり図形を組み立てたりしながら、徐々にトレーニングを積んでいく必要があります。そうすることでだんだんと “算数脳” が形成されていくのです。




【Step.2】 “算数” に疑問を感じる生徒ほど、「伸びる」

 世間一般では、「算数の計算がはやい生徒ほど算数が良くできる」 と思われる傾向があります。
しかも 「暗算ができない生徒は、算数ができない」 という印象も持たれることが多いと思います。

 では、実際はどうなのでしょうか? 少なくとも、これまでいろいろな生徒を指導してきましたが、「“暗算ができる”=“算数がよくできる”」 と感じた場面は正直なところあまりありません。むしろ、暗算をしてしまう生徒は、「計算がはやい一方で、計算ミスも多い」 という印象を私は持っています。ですので、もし、「うちの子どもは計算がおそいのよねえ…」 とお悩みのかたがいらっしゃったとしても、どうか悩まないでいただきたいのです。

 計算が遅い生徒の立場になって考えてみると、もしかしたら、
 「なぜ、その計算をするのだろう? なぜ、その計算をすると答えが求まるのだろう? 
  ぼく(わたし)だったらこうするのに…」
と思っているのかもしれないのです。疑問を感じながら計算をすると、どうしても計算が遅くなってしまいます。しかも中には、生徒自身が納得をしないと、計算をやらない生徒もいます。でも、私はそのような生徒の態度を見た場合にはかならず、「これは生徒から発している重要な合図だ。これは算数を深く理解してもらえる絶好のチャンスだ」 と思うようにしています。

 実はそのように算数に疑問を持ってくれる生徒ほど、観察力がするどい生徒が多いものです。
 観察力がするどいということは、それだけで素晴らしい能力ですし、この能力というのは問題が複雑になればなるほど、効果を発揮していくことになるでしょう。

 しかも算数に疑問を持っている生徒は、その疑問点を納得することができれば、それまで “算数は苦手だ” と感じていたのが、“算数が好きだ” と感じてもらえるようになるでしょう。“算数が好きだ” と感じるようになれば、例え難しい問題が出題されても、「何とかして自分のちからで解いてみよう」 という気持ちが湧いてくるものです。
これが、算数を得意科目にすることができるかどうかの “分岐点” なのです。

 子どもは、大人が感じている以上に、いろいろなことを考えているものです。子どもたちから自然と発せられている合図・サインを見落とすわけにはいきません。
 このことを算数の指導を通して、私はいつも感じています。




【Step.3】 “国語”はすべての科目の理解を助ける、「万能科目」

 国語は、日常生活の中で欠かせない科目です。ご家庭の中で、学校の中で、街中で、国語のちからは絶えず必要とされています。例えば、人の話を聞くとき、自分の思いを人に伝えるとき、本を読むとき、作文を書くとき、一つひとつ例を挙げていくときりがありません。その中でも特に、普段はあまり意識する場面は少ないかもしれませんが、国語のちからは、国語以外の科目を学ぶときに、とても大切なちからなのです。

 一番わかりやすい例は、算数の文章問題でしょう。よく、保護者さまからは、
 「うちの子は、算数がどうしてもできるようにはならないんです。
  特に、文章問題はまったくできません。」
と言われる場面が多いのですが、その大半は、国語のちからに問題がある場合が多いのです。誤解のないように説明を付け加えておくと、生徒自身が、国語の文章読解にどこか “苦手意識” を持っているだけであって、もちろんその生徒に国語のちからがまったく無いわけではありません。国語の文章読解の問題を解いていく中でだんだんと “苦手意識” は無くなっていきます。そして、国語の文章読解に対して “好きだ” と思えるようになると、たとえ算数の難しそうな文章問題が出題されていても、「何とかして自分のちからで解いてみよう」 という気持ちが湧いてくるものです。

 その他にも例えば、理科の科目についても同様に、国語の力が必要になっていきます。理科の教科書やテキストに書かれている自然現象を説明してある文章は、分かりやすく言えば、国語の文章題の 「説明文」 というカテゴリに分類されるでしょう。もちろん、理科の自然現象を本当に理解するためには、実際に実験を通して、自分の目で観察をして初めて、納得できるものです。でも、だからといって、説明文を通して理解していくことをおろそかにして良いわけではありません。またそれに加えて、理科の自然現象を自分の言葉を使って説明するような作文のちからも、学年が進むにつれて求められていくことになるので、理科についても国語のちからが求められていくことになります。




【Step.4】 時間割・受講費について


時間割 一覧表    (小学生)

   月  火  水  木  金  土
 16:00

17:00
 1限
(16〜17時)
 1限
(16〜17時)
 1限
(16〜17時)
 1限
(16〜17時)
 1限
(16〜17時)
 1限
(16〜17時)
 17:00

18:00
 2限
(17〜18時)
 2限
(17〜18時)
 2限
(17〜18時)
 2限
(17〜18時)
 2限
(17〜18時)
 2限
(17〜18時)
18:00

19:00
  3限
(18〜19時)
 3限
(18〜19時)
 3限
(18〜19時)
 3限
(18〜19時)
 3限
(18〜19時)
 3限
(18〜19時)
 (※) 学校行事やそのほかの理由で、時間通りに通塾できない場合でも、その日の授業時間分を受講できるように 
     その場で調整いたします。


入塾金に関して

 全学年    21,600円


受講費 一覧表 (小学生)

 学年  受講
時間
 週1回
コース
 週2回
コース
 週3回
コース
 通い放題
コース
 小学生
 (低学年)
 60分 8,100円
(税込)/月 
 9,180円
(税込)/月
10,800円
(税込)/月 
 13,500円
(税込)/月
 小学生
 (高学年)
 60分 9,180円
(税込)/月 
 10,800円
(税込)/月
 13,500円
(税込)/月
 16,200円
(税込)/月


システム管理費に関して

1,080円 (税込)/月  (システム管理費は、プリント費用・光熱費として使用いたします)


指導科目に関して

算数 ・ 国語 ・ 英語 ・ 理科 ・ 社会


受講費 ・ システム管理費 納入方法に関して

「銀行口座振替」 または 「持参」 のうち、ご都合の良い納入方法をお選びいただけます。 
「銀行口座振替」 の場合には、口座振替利用申込書(別紙)にご記入していただく必要がございます。 
「持参」 の場合には、お月謝袋を別途 用意させていただきます。


兄弟 ・ 姉妹 割引に関して

兄弟 ・ 姉妹 で通塾の場合、二人目のお子さまの受講費 (金額が高い方) から 20%減額させていただきます。


塾をお休みされた場合について

週1・2・3回コースをご選択の生徒さまは、ご都合に合わせて同月内で振り替えを行なっていただくことが可能です。 
ご都合により振り替えが出来ない場合は、大変申し訳ありませんが返金は出来かねますので予めご了承ください。 
通い放題コースに関しましては、いつでも通っていただけることが前提なため、振り替えや返金はございませんので、
予めご了承ください。

バナースペース

最先端学習塾ペガサス

丸ノ内線 中野新橋駅 徒歩1分

〒164-0013
東京都中野区弥生町2-20-11
メゾンラメール1階

TEL 03-6276-2306