本文へスキップ

『生徒の気持ち』 をじっくりと考えて 『生徒の輝かしい未来』 を創造します

TEL. 03-6276-2306

〒164-0013 東京都中野区弥生町2-20-11
メゾンラメール1階

人間は本来、自分のちからで問題を解決させることに喜びや欲求を感じます。そうなると、指導者の役割も、生徒のその気持ちに応えることが大前提になってくるはずです。したがって、指導者の役割というのは、生徒の「何とかして自分のちからで解決させたい」という欲求に応え続けることだと思います。問題解決のための、アイデアや考え方、ヒントを惜しむことなく生徒に与え続けることです。「答えが正解か不正解か」が重要なのではなく、「問題に取り組んでいく過程で、さまざまなことを考える、工夫をする、試行錯誤をする」という一連のプロセスを生徒自身が経験していくことこそが最も重要なのです。そうしていくことで、将来にわたって必要な、「問題解決能力」を育んでいくことが出来るようになっていくのではないでしょうか。

東京学芸大学合格 T.Yさん (都立高校出身)



第一志望に見事合格を果たしました。今の率直な感想を聞かせてください。

 合格して嬉しい気持ちが半分と、ホッとしたというか、センターリサーチでA判定だったので、その時点で他の受験生から追われる立場にあったので、抜かれないように気を張っていた部分もありました。あと、同級生たちが東大、東工大、文系であれば一橋大学を目指していたので、それに比べたら東京学芸大学は求められているレベルはそれほど高くはないので、彼らからのプレッシャーもありましたが、彼らは自分以上にきっとプレッシャーを感じていたはずなので、そのような中で合格出来てホッとしています。あと、センター試験の得点率は自分とあまり変わらなかったにも関わらず、偏差値の高い大学を目指していた友人もいて、プレッシャーに押しつぶされそうになっている姿を見ていたので、自分はしっかりと合格出来て友人を勇気づけたかった気持ちもありました。あと、夏まで部活を続けさせてもらっていて、高校の担任の先生や顧問の先生に負担や心配をすごく掛けていたので、第一志望の合格を伝えられて本当に良かったと思っています。


受験勉強を通して、友達を思いやる気持ち、仲間を思いやる気持ち、夏まで部活を続けさせてもらった顧問に対する気遣いなど、精神的に成長できて素晴らしいと感じましたが...

 中学3年生の高校受験のときに、私立高校に先に合格していった同級生を見て、自分はまだ合格してなくてプレッシャーを感じているのに、相手はもう合格して進路が決まっていてホッとしている姿を見て、もちろん、相手もこっちのことを応援してくれてはいたんですけど、余裕の差というのをすごく感じました。そのときに八つ当たりではないんですけど、学校の掃除や給食のときに、「お前は受かっているんだから...」というセリフを言ってしまったりして、それはそれで今ではいい思い出になってはいるんですが、高校では進学校で素晴らしい仲間にも出会えたので、周囲に対する気遣いは大切だと感じるようになりました。夏まで部活動を続けられたのも、仲間の存在が大きく、授業のノートなどを見せてもらったり、同じ大学を目指している仲間にはすごく励まされましたし、部活動も顧問の先生だけでなく担任の先生からもサポートしてもらっていたので、みんなに感謝しています。夏まで部活を続けていても第一志望にきちんと合格できる、部活を続けていて良かったと胸を張って言えるようにしておけば、これから後輩たちが夏まで残ったとしても、先生たちもあの子達に出来たんだからこの子達も出来るだろうと思ってもらえれば、それが一番の恩返しになると受験仲間たちと話していました。部活を夏まで続けたから大学に落ちたということがないように、部活を続けることは自分に不利になることを覚悟して決めたんだから、それを言い訳にしないでおこうという話も、受験仲間たちとの間で話し合っていました。


「うまくいったやり方を手っ取り早く教えて欲しい。結果を早く出したい」という風潮が今の世の中にあるように感じるのですが、次の受験生たちからもし、「受験にどのように取り組めば良いですか」と質問されたら、どのようにアドバイスしますか?

 結果を求めて手短かにすぐ終わる、すぐ覚えられるという方法も解く上ではいろいろとあると思うんですが、ただそれを覚えたからといって、それがすぐに結果につながるかというとそんなことはないと思います。自分も受験本番の最後の2週間で入試用の問題集をやって自信がついたつもりになってはいたんですが、いざ入試を受けてみたら半分は自分の中で解ききれない問題で、それが今年難しくなっていたかどうかは分かりませんが、簡単な道を選んだからといってすぐに結果が出る訳でもないと思います。結局、簡単な方法を教えてもらったとしても、それを自分の中で咀嚼して自分のものにしていなければ使い方が分かってもそれを生かせられないし、もし使えたとしても、記述式の問題であれば、どうしてその公式が成り立つのか、どうしてその公式を使っていいのかを説明できるようにしなければいけないと思います。ラクな方法をもし覚えたとしても、それをしっかりと理解しておかなければ結果にはつながらないと思います。もちろん、公式を使って解くのに時間短縮が出来れば素晴らしいと思うので、それを表面の理解にするのではなく、どういう場面でそれが使えるのかとか、どうしてそうなったのかを理解していくのが一番手っ取り早い方法だと自分がやってきた中では思います。


世の中の多くの人が抱いている疑問で、「受験のときは一日何時間勉強しなければいけないんですか」 という質問をよく受けるのですが、それに対するアドバイスがあれば教えてください。

 自分は特に何時間と決めてやっていた訳ではありません。もちろん、今日これだけしかやらなかった、短かったと思うときもありましたが、何時間よりも上だったら短くないのかとかを考えたことはなくて、ただ自分の中で特にセンター試験前なんかは、国・数・英・理・社、全部やらなければいけなくて、その中で8割以上を超えることを目指していたので、センターの一週間前までにはとりあえず8割を取れるように復習を終えたいと思っていました。教材や過去問をやっていたんですが、やっぱり集中して今日はどこまで取り組んでいくかとか、あとはここまで取り組んでいけばこの日までには絶対に間に合うというのを自分の中で決めて、やっぱり調子の波があるので調子がいい時はどんどん進むし、逆に今日は理解できないなという時は時間も短くなってしまったときもあったんですけど、夏まで部活を続けていたこともあり周りとの差がどうしても見えていたので、そういうプレッシャーもあって“やるべきだ”という思いもあって、そうしたら自然と勉強時間も伸びていきました。集中して問題を解いていたら時間もすぐに終わってしまっていたし、自分の中で何時間というのを計ったことがなくて、時間で決めるのもいい手だとは思いますが、やっぱり自分はそういうのは苦手で、例えば一日10時間以上と決めたら今どれくらい経ったのか気になってしまうし、あとは今日は何時間しか出来なかった、明日は今日やらなかった分もやらなきゃ、というプレッシャーを自分は負い目というか悪い方向に感じてしまう方なので、自分の集中が続く限りしっかりときちんとやっていく、どうしても集中が続かない時は、運動をしたり音楽を聴いたりリラックスして注意力が高まるようにもっていければ、なあなあでやる10時間よりも集中してやる1時間の方が良い時もあると思います。一番ベストなのは集中して何時間やるというのが実践できるのであればそれが一番良いと思いますが、自分は時間を決めてしまうと時間に気を取られて逆に気が抜けてしまうと思ったので、そういうことはせずに自分の集中が続く限りやろうと思っていました。幸い仲間たちもいい環境を作ってくれてすごい集中してやっていたので、集中が切れそうになった時に、ふと周りを見ると集中してやっているので、負けてられないなと思えたので、どれだけやったかよりも、どれだけ自信がついたかだと思ったので、そういう意味では自分はこの勉強法で良かったとは思います。ただ、すごいプレッシャーはありました。周りは10時間以上やっているのに自分は8時間で体力的に厳しいところがあって、時間ではかなわないというところがあって、だったら時間で勝負するよりも自分で出来るところでやろうと思って、それがいい方向につながったと思います。でもこれは今になって、受かったから言えるのかなあと、もし受かっていなかったら、あのとき15時間やればよかったのかなあと思っていたかもしれません。


学力を高めていくのは自分自身の心の在り方が大切だといつも感じていますが、T.Yさんの考え方にそのヒントがあるように思います。ズバリ、勉強に集中するコツは何かありますか?

 集中するのは得意ではなかったんです。どうしても他の事に気をとられてしまうことが多く、特に中学生の頃は定期テストでも平均点ぐらいは取れていたので、これでもいいんじゃないかと思っていました。机で勉強するよりも運動したりダラダラしていたほうがラクで楽しかったりしたんですが、でもスポーツをやっていたからこそ集中できる時間帯とそうでない時間帯があることが分かって、コーチにははっきりと見えていたみたいで、「お前は波がありすぎて、良いときは凄くいいんだけど、悪い時は全然だ」と言われて、それ以来、スポーツをする時は集中するようになりました。他のスポーツ選手を観ている中で、勝負事になると気持ちのオン・オフを切り替えられる人が多くて、普段は全然ダラダラとしているんだけど、いざ部活動が始まるとテキパキ行動したり仲間を引っ張ったりしている人たちがいて、だから集中力を身に付けたいのであれば、スポーツをやってみるというのも、時間の中で結果を出さなければいけない勝負事をやってみるのもいいと思います。限られた時間の中で結果を出そうとすると、どうしても集中せざるを得ないので、逆に集中しないとどんどん蹴落とされていくので、集中力を身に付けたいのであれば、手っ取り早いのは勝負事に身を投じて切磋琢磨していくのが一番いいと思います。どれくらいの時間集中できるかは人それぞれだと思うんですけど、何かに対して自分でスイッチを入れられるように、何かに打ち込むことで集中力がついてくると思います。勉強に関して言えば、簡単な算数であれば最初はすぐに結果がついてくると思うんですよ。でも、だんだんと難しくなってくるとすぐには結果が出てこないんですよ。でもスポーツは、結果がついてきやすくて、走ったら走った分だけ体力もつきますし、練習したら練習した分だけついて、少なくともやっていない人よりは一気に差がつくんですよ。ただ勉強というものは、どれだけ集中できるかなので、そこで集中できる人こそ要領よくやっていけてどんどん身についていくと思いますが、ついてこれない人たちは、なかなか結果がついてこなくて、集中力が続かなくて周りと差がついていきますし、勉強は机に座ってひたすら頭を動かしていかなければいけないので、それが嫌いな人は続かないと思います。でも辛い時期を乗り越えればまた理解も深まっていくと思いますし、そういったことも、もし楽しいことであればどれだけ苦しくても続けられると思いますし、集中力さえ身についてしまえば、あとはそれを勉強に活かせるかどうかなので、まずは結果が少しずつ出てくるまで続けてみることが大切だと思います。


塾でそれぞれの生徒さんに考えてもらう時間、頭を働かせてもらう時間を作ることが大切だとあるとき気付きました。それが集中することなのかどうかは分かりませんが、ひとつの大事なポイントは「集中する」ということだと分かりました。集中するという言葉の意味をもう少し教えてください。「集中しなさい」と人から言われても、じゃあどうやって集中すればいいですか? となってしまうと思いますが…

 自分は、勉強を塾に来てやっていましたが、最初は全然集中なんて出来ていないんですよ。やっぱり周りの音とかも気になりますし、塾に来るまでは音楽を聴いてくるのでその音楽が耳に残っていたりして、最初は集中なんて全然出来ていないんですけど、ただ、問題を解いているうちに自分の中にこもれるというか、こもれる時間を作れるようになったというか…。恥ずかしい話なんですけど、塾に来て、高3で受験期に勉強している中で全然集中できないときがやっぱり何回かあって、机に向かって勉強していても眠気が勝ってしまったり、頭は全然働いているのにどうしてもやる気になれなかったりしたときもありました。1時間なあなあで過ごしてしまったときもあって、でもブースで勉強していたので、周りから見られなかったというのもあったと思うんですけど、そのときも先生に何にも言われなかったじゃないですか。信頼してもらっていたからだと思うんですけど、やっぱりあそこで集中していなくても誰にも何も言われなくて、それが良かったのかなと。やっぱりそこで怒られてしまうと、何て言うんですかね、やらなきゃ怒られるというか、結局それって集中しているんじゃなくて怒られるのが嫌でやっているだけになっちゃうので、自分は怒られて当然だとは思いますが、やっぱり小学生とかはここにいる時は集中するのが当たり前とか、ここにいるときは勉強するのが当たり前とかいうのがないので、そういうときに怒られてしまうと何で?と思ってそれが嫌で、勉強しないということを怒られて勉強が嫌になってしまうのかなと。もちろん怒ることも大切だと思うんですけど、ただ、本人たちはここや学校に来ていたりしたときは勉強していて、でも若干集中できないときがあって、その時間帯に怒られてしまうと勉強しているときに怒られたとなってしまって、それが勉強に対する嫌なことになっていくのかなと。だから集中する対象に勉強がなっていかなくなるのかなというのがあります。だから自分は環境にけっこう恵まれて、スポーツも出来る環境でしたし、それなりに要領よく出来る頭にも生んでもらいましたし、その中で自分は結果を出して来れたので、自分がつまづいても先生たちは次も頑張ろうと言ってくれましたし、ただそれが出来ない子たちに対してつまづいた時に、自分とは違う扱いをされているというのを見てしまうと、自分たちの中で出来ないんだなという、あの子は出来ていてつまづいてもサポートしてもらえるけど、僕たちがつまづいたときはちょっと厳しくしかられてしまうんだなというのが、何て言うんですかね、自分も気付いてしまいますし、周りにも見られてしまいますし、だから勉強を好きになるというのが難しくなると思います。自分も、勉強が好きかと言われたらどうなんだろうという時があるんですけど、ただ、結果を出したときは好きだというのがあって、そこでやっぱり褒めてもらえたり結果が出ていなくても大丈夫だよと先生から声を掛けてもらってきたので、集中出来る出来ない以前に、勉強することを嫌いにはならないかどうかというのが大切なのかなと思います。


これまでのインタビューを通じて、洞察力とか分析力、自分自身の気持ちや人に対する気持ちを客観的に分析していて、T.Yさんは将来素晴らしい指導者になるように思います。少し質問を変えて… 漠然とでいいので、大学での目標ややりたい事を話せる範囲でいいので教えてください。

 やりたいことは、いろんな人と関わって自分自身を成長させていきたいです。高校に入っていい仲間に恵まれて自分の中で成長できたというか、周りに人間的にも素晴らしい人たちがいっぱいいて、自分の足りないところとか足りているところを発見できて、でもそれは、出来る人たちが集まる学校へ行ったので、教育者になりたい人たちが集まってくるところなので、そこでまたいろいろと切磋琢磨して自分を一段階上げられたらいいなというのが目標で、あとは友人関係を広げていきたいなというのがもうひとつのやりたいことです。やっぱり教育に関わりたい人たちが集まってくるところなので、いろいろと人脈を作っておけば、将来役に立つと思うので、そういうところで友人たちとの関わり合いというのを作っていくのがやりたいことや目標です。あとは、自分の専攻する数学に対してもっと真摯に向き合って、しっかり知識として自分のものにして、いずれ、多分、教壇に立つときがくると思うので、そのときに生徒たちが分かりやすいように、表面上の理解だけじゃなくて一番核となる部分をしっかり伝えられるように、数学がしっかりと出来るようになれればと思っています。そして、生徒たちに信頼される、困ったときに助けを求めてもらえる、そういう先生に、頼れる大人になっていきたいです。


トップページに戻る

バナースペース

最先端学習塾ペガサス

丸ノ内線 中野新橋駅 徒歩1分

〒164-0013
東京都中野区弥生町2-20-11
メゾンラメール1階

TEL 03-6276-2306