本文へスキップ

『生徒の気持ち』 をじっくりと考えて 『生徒の輝かしい未来』 を創造します

TEL. 03-6276-2306

〒164-0013 東京都中野区弥生町2-20-11
メゾンラメール1階

こちらの塾では、生徒の 「気持ち」 をじっくりと考えて、生徒の勉強に対する 「苦手意識」 を取り除きながら、学力向上を果たす教育手法を実践しています。人間の可能性は、本当に 「無限大」 です。苦手意識がなくなり、自分で考える習慣が身に付いた生徒は、周囲が驚いてしまうほど 「優秀な生徒」 に大変身します。これは本当に感動的な出来事です。 「この喜びを、もっと多くの方々と共有したい」 私は常々そのように感じております。 やる気を科学する 「最先端学習塾ペガサス」 へようこそ!



トップページに戻る


【ペガサス式@】  論理的思考科目の対策

 論理的思考科目とは、ずばり 算数や数学のことです。学び残しや苦手な単元があると、新しい単元を学んでいく際に、理解がなかなか進まない状況に陥ってしまいます。ほんの少しの誤解や勘違い程度であれば、私の解説ですぐに理解してもらえる場合がほとんどですが、一方で、学校を休んでしまったなどの理由でそもそも授業を受けていない場合はそうもいきません。そこで、算数・数学の授業を効率良く学習できる環境(映像授業)を用意しています。
生徒さん一人ひとりに専用のログインIDを用意しています。学力状況に応じて、学習する単元も様々です。集団授業のように同じペースで学んでいくのではなく、その生徒さんに合ったレベルの学習に取り組んでいくことで、生徒さん一人ひとりの学力向上だけでなく、学習意欲の向上にもつなげていきます。授業の中で分かりにくいところや疑問を感じたところがあれば、納得がいくまで私が責任を持って解説を行なっていきますので、一緒に数学の学習に取り組んでいきましょう!

小学算数(受験算数を含む)、中学数学、高校数学(TA・UB・VC)のすべての単元の授業を用意しています。学び残しや苦手を抱えている生徒さんだけでなく、意欲的に予習に取り組んでいく生徒さんにもこの環境は適しています。ただし、この授業を受けただけではまだまだ不充分です。実際に自分の手を動かして問題を解いて確認していくことで、徐々に理解が深まっていきますので、
「実践形式の問題演習」 のプロセスは絶対に欠かすことはできません。

 
英語の学習も、知識の積み重ねが必要という観点では、論理的思考科目に近い側面があります。なぜなら、文法(Grammar)とは、文章の中で単語がどのように配置され結びつくかなど、言語のルールを学んでいく学問だからです。文法を理解していくためには、体系的に集約された個々の細かい文法をしっかりと身に付けていく必要があります。中学英語、高校英語を効率良く学習できる環境(映像授業)を用意しています。





【ペガサス式A】  暗記科目の対策

 暗記科目というと、国語、英語、理科、社会など、大部分の科目がこれにあたります。暗記科目の学習で大切なことは、何度も繰り返して覚えていく習慣を身に付けることです。個人差はあると思いますが、毎日継続していくことで効果が現れていく科目がほとんどではないでしょうか。中には、1回授業を受けただけで暗記できると思っているかたもいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらそう上手くはいきません。覚えるために学習し、忘れた頃にもう一度学習し直すことで知識が定着していきます。

 知識を積み重ねていくためには、根気強く勉強に取り組んでいかなければなりません。しかしそうはいっても、何から覚えていけば良いのか路頭に迷ってしまっているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。その問題を解決するために、英単語や古文単語など、レベル毎に効率良く覚えていくことが出来るシステムを用意しています。

英単語暗記システム

 レベル別に英単語の知識を身に付けていきます。最初は、「英語の基礎をなす必須英単語(1000語)」 を習得していきます。必須英単語が身についたら、今度は、「日常生活で活躍する英単語(1000語)」 を身に付けていきます。
英単語を効率良く暗記していくために効果的な学習システムを用意しています。全部で12000単語収録していますが、大学受験で登場する英単語は多く見積もっても5000単語ぐらいです。5000単語のうち、半分の2500単語をしっかりと身に付けただけでも、英語長文読解力はかなり改善することでしょう。もちろん、英語に自信のある生徒さんで、さらに英単語の知識を身に付けていきたい場合にもこのシステムは適しています。ボキャブラリーが増えてくると次第に英文が読めていきますので、一緒に英単語の学習に取り組んでいきましょう!


















古文単語暗記システム

 英単語だけでなく、古文単語についても、効率良く暗記していくために効果的な学習システムを用意しています。全部で635単語収録しています。今後は、漢文句法を暗記するための学習システムも取り揃えていく予定です。











理科・社会

 理科や社会は、英単語や古文単語のように、言葉(重要用語)だけを覚えるだけではなかなか理解は深まっていきません。時代背景や出来事を時代に沿って覚えて、理解を深めていく必要があります。そこで、算数・数学と同様に、授業を効率良く学習できる環境(映像授業)を用意しています。中学の理科、社会、高校の理科(生物・化学・物理)、社会(日本史・世界史・地理・現代社会)のすべての単元の授業を用意しています。





【ペガサス式B】  定期テストの対策

  「木を見て森を見ず」 ということわざがあります。これは、1本の木に注意を奪われてしまうと、森全体を見渡すことが出来ないことから、「物事の細部に気を取られて全体を見失う」 という意味です。定期テストにもこの言葉が当てはまります。定期テスト前に、1つの科目に気を取られすぎてしまうと、他の大部分の科目を見渡すことが出来なくなり、準備が足りていない科目が増えてしまいます。そうなると、結果として総合得点が減少してしまいます。バランス良く各科目の勉強時間の配分を決めていくことも、全体の成績向上を果たしていくためには必要なことです。
生徒さん一人ひとりに学習の予定表を作成しています。定期テストの成績を上げるためには、各科目を余すところ無くひと通り学習する必要があります。計画通りに準備に取り組めば、必ず成績は向上していきます。もし成績が向上しない科目がある場合には、どこかに大きな弱点(学び残し)があるはずなので、そういった科目は定期テスト前だけでなく、普段から弱点克服に取り組んでいく必要があります。辛抱強く定期テストの準備に取り組んでいけるように全力でサポートしていきますので、一緒にテスト勉強に取り組んでいきましょう!





【ペガサス式C】  入学試験の対策

  入学試験を突破するためには、実際の入試で出題された問題を事前に把握しておくことが一番重要です。過去の問題を解いていくことを、「過去問演習」 と呼んでいますが、過去問演習は早期に取り組めば取り組むほど効果を発揮します。なぜなら、早めに取り組んでいくことで自分自身の課題も見えていきますし、どれくらいの難易度の問題が出題されているかを把握することで、受験勉強に対する意識にも変化が現れてくるからです。
  過去問演習に真剣に取り組み始めると、だんだんと基礎的な知識の重要性を感じるようになります。例えば、英語であれば英単語の語彙(ボキャブラリー)や英文法、数学であれば数学の重要公式などです。そのような場合に、過去問演習と並行して、
「論理的思考科目の対策」 「暗記科目の対策」 「実践形式の問題演習」 に取り組んでいくことで、さらに理解が深まり知識が定着していきます。どれに取り組んでいけばよいのかなど、カリキュラムの詳細は私が作成いたします。もちろん、分からないところや疑問に感じたところは、納得がいくまで私が責任を持って解説を行なっていきます。
ペガサスでは、過去問題集を豊富に取り揃えています。最初は難しく感じることと思いますが、最終的には多くのものを得る絶好の機会にもなります。辛抱強く過去問演習に取り組んでいけるように、全力でサポートしていきます。過去問演習の中で、分からないところや疑問に感じたところがあれば、納得がいくまで私が責任を持って解説を行なっていきますので、一緒に過去問演習に取り組んでいきましょう!





【ペガサス式D】  算数・数学の学力スキャン

  算数や数学で苦手を感じている生徒さんによく見受けられるのは、計算問題だけ見ると、意外と良く出来ているということです。”意外と” といったら失礼かもしれませんが、採点をしていて逆にこちらが驚かされる場面が本当にたくさんあるのです。では、苦手を感じてしまう原因はいったいどこにあるのでしょうか? 個人差はあるものの、単位の問題、図形の問題、文章問題などで苦手を感じている生徒さんが多いです。逆に言えば、苦手を感じている単元さえ克服できれば、算数や数学を得意科目にすることだって可能だということです。ペガサスではすべての生徒さんに算数や数学の力を伸ばしていって欲しいという思いから、客観的に学力を調査できるシステムを用意しています。
小学算数・中学数学で登場するすべての単元の問題を収録しています。どこで点数を落としているか、詳細的かつ客観的に分析していきます。復習すべき単元を明確にした後は、さっそく課題克服のための復習課題に取り組んでいきます。復習課題として取り組む教材は、主にこちらで用意しているテキスト問題集を使用していきますが、学力スキャンで使用したシステム教材を引き続き使用することも可能です。分からないところや疑問に感じたところがあれば、納得がいくまで私が責任を持って解説を行なっていきますので、一緒に算数・数学の学習に取り組んでいきましょう!





【ペガサス式E】  実践形式の問題演習

  学習で一番大切なプロセスが、この実践形式の問題演習です。問題演習を通して、分からないところや疑問を感じたところを、しっかりと理解し出来るようにしていくことは勿論大切です。しかしそれだけではなく、それぞれの生徒さんの長所を発見し、それを伸ばしていくきっかけにするのも、実はこの問題演習です。難しい問題をただひたすらに解いていくだけの演習では、やる気や意欲は長続きしません。生徒さんの長所を発見し、それを伸ばしていけるような問題演習であれば、だんだんと自信が芽生えていきますし、そこで得た自信が、ゆくゆくは短所を克服し大きく飛躍を遂げるためのエネルギーになると私は感じています。
小学校・中学校・高校で学習するすべての科目の問題集を取り揃えています。生徒さんの学力状況に合わせて、取り組んでいく問題集を私が選んでいきます。こちらで用意している問題集以外にも、例えば、学校で使用している問題集などを自主的に持ち込んで頂いても構いません。分からないところや疑問に感じたところがあれば、納得がいくまで私が責任を持って解説を行なっていきますので、一緒に問題演習に取り組んでいきましょう!





【ペガサス式F】  学習状況の共有

  生徒さんが塾に着いたときや塾から帰るときに、入退室通知として保護者さまへメールを配信していますが、それだけではなく、その日に学習した内容をお知らせする 「学習状況のお知らせ」 メールも配信しています。日々の学習の取り組みの中で、順調に理解が進むときもあれば、そうでないときもあります。特に、大きな弱点(学び残し)がある場合などは、苦手な単元までさかのぼって復習課題に取り組まなければいけない場面も出てきます。しかしこれは、苦手を克服し、この先大きく飛躍するためには避けては通れない試練でもあります。塾での日々の取り組みを包み隠さず保護者さまへご報告することも、私の大事な仕事だと思っております。どうか、ご家庭の中では、学習状況のメールを参考にして頂き、お子様を励ましたり褒めてあげるきっかけにして頂ければ幸いです。
その日に学習した内容をお知らせする 「学習状況のお知らせ」 メールを配信しています。順調に学習が進むときもあれば、そうでないときもあります。お子様が今どのあたりで課題を抱えていて、どんなことで悩んでいるのかを、包み隠さず保護者さまへご報告し、常に学習状況を保護者さまと共有していきます。私が責任を持ってお子様の学力を向上させていけるようサポートして参りますので、保護者さまも、もしご不明な点やお悩みなどございましたら、学習状況のお知らせメールにいつでも返信してください!





【ペガサス式G】  アクティブラーニングの習得

  学力が伸びていく様子が実感できるのは一体どんな時でしょうか? お子様の学年や学校環境にもよると思いますが、小学生であれば学校で行なわれる確認テストで良い点数を取れるようになった時、中学生・高校生であれば定期テストの点数が上がってきた時、だと思います。学年が上がっていくにつれて学習する難易度が上がるのは当然のことですが、学年問わず言えることは、「日々の勉強に取り組む姿勢に変化が現れた時」 だと思います。それまで他人事のように感じていた勉強が、当塾の指導をきっかけにして、勉強に対していろいろと考えるようになり、積極的に行動を起こすようになっていく生徒さんが本当にたくさんいます。これは大変不思議なことですが、生徒さん自ら行動を起こすようになると、自然と成績も上がっていきます。嫌が上にも成績がついてくる、という表現が適切なのかもしれません。成績が向上し始めてからが、本当の勉強の始まりだと私は思っています。やる気や意欲に満ち溢れた生徒さん達がたくさん集い、ともに切磋琢磨していけるような関係を築いていきたいと思っています。
学力が伸びていく様子が実感できるのは、「日々の勉強に取り組む姿勢に変化が現れた時」 だと思います。受身の姿勢ではなく、生徒さん自ら行動を起こすようになると、自然と成績も上がっていきます。日々の学習と並行して、「自らが学ぶ力(アクティブラーニング)」 を身に付けていくことも、これからの時代において大切だと私は感じています。アクティブラーニングは21世紀型スキルとも呼ばれていますので、私と一緒にアクティブラーニングを身に付けていきましょう!


バナースペース

最先端学習塾ペガサス

丸ノ内線 中野新橋駅 徒歩1分

〒164-0013
東京都中野区弥生町2-20-11
メゾンラメール1階

TEL 03-6276-2306